2019年1月8日火曜日

【掲載】「企業と大学」/「徳島大学渭水会々報」

こんにちは。
昨年末に出版されました「企業と大学 Vol. 2」と「徳島大学渭水会々報 第47号」に
寄稿した文が掲載されました!


6年間大学で学んだことからツアーを回った経験、そしてこれからについて書かせていただきました。
もしお目にかかることがあれば是非手にとってみていただけましたら嬉しいです。



「バヌアツサーフボード贈呈プロジェクト」のクラウドファンディングを月末まで行っております。
現在67%のご支援をいただいております。
目標達成まで精一杯やりきりたいと思いますので引き続きご支援ご声援を宜しくお願いします!

※お願い 
現在不要なリーシュや、フィン(FCS)を募集しておりますので余ってらっしゃるものがございましたらお譲りいただければ幸いです。
宜しくお願い致します!

*********************************
【バヌアツサーフボード贈呈プロジェクト】
詳細はこちら:https://readyfor.jp/projects/vanuatu-anan-surfing
サーフィンが教えてくれた自然の楽しみ方をバヌアツの子どもたちと共有し、サーフボード寄贈を通して子どもたちに夢を与えたいと考えています。
ある日、青年海外協力隊の女性からバヌアツ共和国の話を聞きました。
美しい海、世界に誇れる火山、白亜紀を彷彿とさせる深い森、バヌアツ共和国。
そこでは近年徐々にサーフィンが普及してきているそうですが、現地の平均所得は低く、1本10万円以上するサーフボードを購入することは非常に困難なことと聞きました。
オリンピック競技にもなったサーフィンを通して子どもたちの生活の質がより豊かになるよう、このプロジェクトを立ち上げるに至りました。
現地での視察を通して圧倒的なサーフボードの不足を目の当たりにした私たちは、1本のボードを通してバヌアツの子どもたちにサーフィンが十分にできる環境と、オリンピック選手という夢を持つきっかけづくりをしたいと思い、帰国後本プロジェクトを立ち上げました。
主催:阿南市サーフィン連盟
協力:日本サーフィン連盟、徳島県サーフィン連盟、徳島大学サーフィン部、(株)サーフハードウェアー インターナショナルジャパン、ローカルエナジーサーフショップ、協和海運株式会社、パタゴニア、サーフライダーファウンデーションジャパン

目標金額100万円を目指す挑戦となります。
皆様にご支援いただいた資金は、サーフボード・サーフィンで使用する備品の輸送費、備品購入費(フィン、リーシュコード等)、リターン準備費・郵送費、Readyfor手数料等に充てさせていただく予定です。

クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、 人々に比較的少額の資金提供を呼びかけるものです。

少しでも共感していただけましたら、ご負担のない範囲でお力を貸していただければ幸いです。
ご支援ご協力を宜しくお願い致します。

______________
クラウドファンディング詳細
______________
■募集期間
2018年12月10日(月)11:00〜2019年1月31日(木)23:00
■目標金額
100万円
支援期間中に目標金額を目指して資金を集め、支援してくださる方にリターン(購入品)をお届けします。
達成できなかった場合、支援金額をすべて返し、リターンも無くなってしまいます。
■支援方法
・リターンの購入という形での支援 https://readyfor.jp/projects/vanuatu-anan-surfing
※支援方法はクレジットカードか銀行振込となります。
・リターンの購入方法がわからない場合
手渡しでご支援金をお預かりし、代理で私が購入させていただくことも可能ですので、その際はお伝え下さい。
■クラウドファンディングサイト
https://readyfor.jp/

2019年1月4日金曜日

2019年


こんにちは。
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。



元日は初日の出を見に行き初詣へ。
お家でゆっくりできた1日でした。
今年の初乗りは1月2日に生見で。
波は小さかったですが今シーズンは暖冬の影響か水温が高く、楽しく初乗りを終えることができました。
昨日までは母の実家がある大阪に行っており、これまたまったりした時間でした。


あと3ヶ月くらいで平成が終わるようで、平成生まれの私はなんだかもの寂しいような、
不思議な心持ちでいます。
この年を充実した成長できる良い年とできるよう、挑戦する心を忘れず何事にも取り組んでいきたいと思います。


現在行っているプロジェクト「バヌアツサーフボード贈呈プロジェクト」ですが、
お陰様で現在58%を越えるご支援をいただいております。
ご支援ご協力くださっている皆様には心より感謝申し上げます。
2019年1月31日が締め切りである本クラウドファウンディングですが、
目標額まではまだ達しておりません。
皆様のご支援ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。


またNHK徳島さんにて、本プロジェクトについてお話させていただいた様子が放送されます!
放送日は明日になります。
放送日:2019年1月5日 午前6時55分〜/午前7時30分〜
現時点では上記2回の放送になります。

早朝ではありますが、多くの方々にプロジェクトを通してバヌアツやサーフィンについて知っていただく機会になれば嬉しく思います。
皆様引き続きご支援ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

「バヌアツサーフボード贈呈プロジェクト」及びクラウドファウンディングに関しては以下よりご確認下さい。


*********************************

【バヌアツサーフボード贈呈プロジェクト】


詳細はこちら:https://readyfor.jp/projects/vanuatu-anan-surfingサーフィンが教えてくれた自然の楽しみ方をバヌアツの子どもたちと共有し、サーフボード寄贈を通して子どもたちに夢を与えたいと考えています。
ある日、青年海外協力隊の女性からバヌアツ共和国の話を聞きました。
美しい海、世界に誇れる火山、白亜紀を彷彿とさせる深い森、バヌアツ共和国。
そこでは近年徐々にサーフィンが普及してきているそうですが、現地の平均所得は低く、1本10万円以上するサーフボードを購入することは非常に困難なことと聞きました。
オリンピック競技にもなったサーフィンを通して子どもたちの生活の質がより豊かになるよう、このプロジェクトを立ち上げるに至りました。
現地での視察を通して圧倒的なサーフボードの不足を目の当たりにした私たちは、1本のボードを通してバヌアツの子どもたちにサーフィンが十分にできる環境と、オリンピック選手という夢を持つきっかけづくりをしたいと思い、帰国後本プロジェクトを立ち上げました。
主催:阿南市サーフィン連盟
協力:日本サーフィン連盟、徳島県サーフィン連盟、徳島大学サーフィン部、(株)サーフハードウェアー インターナショナルジャパン、ローカルエナジーサーフショップ、協和海運株式会社、パタゴニア、サーフライダーファウンデーションジャパン
皆様にご支援いただいた資金は、サーフボード・サーフィンで使用する備品の輸送費、備品購入費(フィン、リーシュコード等)、リターン準備費・郵送費、Readyfor手数料等に充てさせていただく予定です。
ご支援ご協力を宜しくお願い致します。
クラウドファンディング詳細
______________
■募集期間
2018年12月10日(月)11:00〜2019年1月31日(木)23:00
■目標金額
100万円
支援期間中に目標金額を目指して資金を集め、支援してくださる方にリターン(購入品)をお届けします。
達成できなかった場合、支援金額をすべて返し、リターンも無くなってしまいます。
■支援方法
・リターンの購入という形での支援 https://readyfor.jp/projects/vanuatu-anan-surfing
※支援方法はクレジットカードか銀行振込となります。
・リターンの購入方法がわからない場合
手渡しでご支援金をお預かりし、代理で私が購入させていただくことも可能ですので、その際はお伝え下さい。
■クラウドファンディングサイト
https://readyfor.jp/
______________
では皆様本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


minami.