2018年6月22日金曜日

【レポート】Surf, sea and sustainability: A public seminar on the science and culture of riding waves

こんばんは。
昨日和歌山大学にてセミナー「Surf, sea and sustainability: A public seminar on the science and culture of riding waves」にスピーカーとして参加させていただきました。
当日は生憎のお天気でしたが学外からも多くお越しくださり、セミナーとして、そして共有の場として最高な場となったと思います。

今回のセミナーは日本において海と共生していくために私たちができることを考え、意見を交換する機会となることが目的でした。
サーフィンを用いた地域との関わり方について大学で意見交換ができるなんて、全国的に見ても、世界的に見ても非常に稀、かつ先進的な取り組みだと思います。
今回スピーカーとしてお話しする機会をいただき、私自身参加者の皆さんと共に再度海について考えることができ、非常に有意義な時間となりました。

今回は「徳島文化としてのサーフィン」という題目のもと、修士課程で研究したサーフィンツーリズムを用いた地域活性化について、
調査結果を踏まえて徳島県南部の現状やサーフィンに期待できること、そして課題についてお話しさせていただきました。



徳島の文化としてサーフィンが今後地域に根付き共生していくためには、私たちサーファーがまず自分たちの立ち位置を客観視し、そして自ら地域に歩み寄る姿勢を持つことが非常に大切で、
参加者の皆さんとの意見交換を経てこれらの重要性を私自身も再認識した非常に学び多い夜でした。
徳島大学には徳島大学サーフィン部がありますが、和歌山大学にも最近サーフィンサークルができたそうで、彼らが地域とサーフィンをより良い形で繋いでいってくれることを期待したいと思います。

またスピーカーとして登壇された楠部先生の海洋環境についてのお話も非常に興味深く、
海から恩恵を受けているひとりとして、マイクロプラスチックをはじめとする汚染問題について更に勉強するべきだと改めて痛感する、素晴らしいお話でした。
多くの生分解性プラスチックが陸上の微生物によってしか分解されないお話には、はっとさせられました。
まだまだ知るべき、勉強するべきことはあまた数ありそうです。

また講演の後にはパタゴニア制作『FISHPEOPLE』上映会があり、より深く海との関係性に関して個々が考えられる機会となっていました。
本当に、何回観ても海と生き方について考えさせられる、良作です。
まだ観られていない方は こちら から詳細をご確認下さい。

最後になりましたが今回のセミナーのお話をくださったアダム先生をはじめ、和歌山大学の先生方には心より感謝申し上げます。
3月のジョグジャカルタでの学会をご一緒させていただいたことが契機となって今回このような貴重な場に呼んでいただき、改めて本当に幸せな環境に居られることを嬉しく思います。
これからもご指導ご鞭撻のほどお願いします。


これからこのようなセミナーが各地で開催され、サーフィンがより議論されより発展していくことを期待しています。



minami.



2018年6月5日火曜日

【講演のご案内】Surf, sea and sustainability: A public seminar on the science and culture of riding waves@和歌山大学

こんばんは。
いよいよ今日から梅雨らしいお天気に突入した徳島です。
南うねりにも期待できるこの時期。
先々週には生見サーフィンビーチで四国の右下サーフィンゲームズが、今週末には東洋町杯が開催され、いよいよシーズンインの雰囲気です。
今週末は全国から集まる選手の勇姿を見に是非生見にお越しください!

さて今日はタイトルにもあります、講演のご案内です。
2018年6月20日(水)に和歌山大学にて開催されます、海と人との共生について考えるセミナー
"Surf, sea and sustainability: A public seminar on the science and culture of riding waves"にて
「徳島文化としてのサーフィン」と題してお話をさせていただきます。



私の研究と経験を基として、サーフィンを介した海と人との共生の提案の機会、そして皆様と一緒に考える契機とできるよう努めたいと思います。

講演は和歌山工業高校専門学校の楠部先生とご一緒させていただく予定です。
また講演の後にはPatagonia制作映画「FISHPEOPLE」が上映予定です。
普段海が身近でない方々にも、サーフィン等を通して海洋国日本における個々の海との関わり方について再度考えていただける好機となれば本当に嬉しいです。

国立大学で開催されるサーフィンや海に特化したこのようなイベントは大変珍しいと思いますし、私もいち参加者としてもとても楽しみにしています。
今年3月インドネシア・ジョグジャカルタでの学会では和歌山大学のアダム先生はじめ多くの先生方、学生の皆さんにお世話になりました。
今回お誘いいただきこのような素晴らしい場で講演をさせていただく機会をいただけたこと、本当に光栄に思います。
ジョグジャカルタでは各国のサーフィン関連研究の実態に驚くと同時にいかに日本のサーフシーンがアカデミックな場においては発展途上であるかを実感し、危機感を抱きました。
今回のイベントが日本におけるサーフィンの新たな分野へ踏み入る一歩になるような気がしています。
サーフィンが、実は色々な顔を持つ適応力のあるスポーツであることを広く知っていただく機会となれば至高ですね。

イベント詳細については こちら からご確認下さい。
事前の申し込み、参加費は不要ですので皆様是非お気軽にお越しください。

では今週も素晴らしい1週間になりますように!


minami.

2018年6月2日土曜日

Vanuatu滞在記 その三 タンナ島火山編

大分久しぶりの投稿になってしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
四国は例年より大分早めの梅雨入りで、海水温の上昇も例年より速度が遅く、その乱れには少し心配してしまいます。
今年は台風も多い予報で良いスウェルには期待できそうですが、これ以上異常気象は増えて欲しくないですね。

さて先日のバヌアツ・エファテ島編では素晴らしいポイントでの大会を終え、
無事にバヌアツの皆さんへのボード贈呈も終えました。
そして今後ボード贈呈プロジェクトの対象地であるタンナ島へ、大会終了後に訪れてきました。
そこであった色々なことを、ここではタンナ島編として記事とします。

エファテ島から飛行機で1時間弱。
飛行機に乗り込む人々は皆、両手に大荷物を抱えて自分たちの島へ帰るようでした。
日用品を沢山持ち込む様子を見て、ものに溢れた日本で住む感覚故か、少し不安になってしまいましたが、
実際タンナ島は、素晴らしい「もの」に溢れた豊かな島でした。

到着した空港は道の駅ぐらいのミニマムサイズで、受託手荷物は大きな窓?枠?からぽーんと手渡しされます。笑
そこで現地に滞在している中村ファミリーに出迎えてもらいます。
タンナ島では中村ご夫妻に大変お世話になりました。

到着後わかったことが2つ。
1つ目は、前日までの大雨でサーフポイントまでの道が通れないかもしれないとのこと。
2つ目は、最初の目的地であるヤスール火山までがもの凄い悪路だということ。
どちらにしてももう行くしかない私たち!

到着後は中村さんが用意して下さった2日分の食糧と日用品を4WDに詰め込み、
(私たちにとっては)未知なる場所を探してまずは世界的に有名なヤスール火山に向かいました。
ヤスール火山は活火山で、世界一近距離で噴火口を見られる場所として有名です。
それ故、別名「世界一危険な観光地」とも言われています。

ここに辿り着くまでに約4時間、上下左右に揺られ揺られ、ここは無重力空間かとつっこむくらいには車内で飛び跳ねました。笑
道のほとんどが舗装されておらず、雨のせいで道の半分以上がえぐられている箇所もありました。
ちなみに酔いとの戦いだったため悪路の写真はあまりありません。笑


ヤスール火山のふもとに到着したところ、「ドーンッ」と大きな音と揺れと共にすぐ頭の上の火口から石がぽーんっと飛び出してくる様子が見えました、、恐怖。


そして、やはり雨の影響で近くのポイントまでは行けないということでその日のサーフィンは断念し、その日の宿であるツリーハウスに向かいます。
ツリーハウスに宿泊というだけでも貴重な体験なのですが、その素晴らしさは夜になるとより分かりました。
なんと部屋からヤスール火山の様子を見ることができるのです。
遠くに赤々と燃える火山に、ジュラ紀を彷彿とさせました。


実際に噴火口間近で見る活火山は、怖かったです。
でもそれと同時に自然が生み出す美しさとはこういうことなのだとも感じました。
また蟻地獄のような噴火口付近に柵は無く、世界一危険な観光地と称される理由がわかりました。
噴火口を上から覗くと、赤いマグマが見え、ドーンという大きな音と地響きと共に大きな火山弾がぽんぽん投げ出されてきます。
バヌアツに来ることがなければあの風景を見ることはなかったと思うと、私が生きているのは地球規模で見るとほんの僅かな環境でありコミュニティであり、
その枠外のものやことを見ることをしないというのはなんて面白みのないことなのだろうとも思いました。
本当に、一生心に残る「赤」をこの目に焼き付けてきました。



ちなみに噴火口までの20分ほどの道も、雨の影響で土がえぐられていたせいで道無き道を進むこととなり、結果荷台に載せられた私たちは何度も滑落を覚悟しました。笑
でもその移動中に世界一周をする日本人女性や、私たちが最初にサーフィンしたパンゴビーチの近くで学校の先生をしているオーストラリア人のご夫婦など
沢山の素敵な出会いがあったので、あのスリリングな道中も悪くなかったなと今となれば思います。笑

「はじめて」ばかりのタンナ島火山編でした。
本当はこの分量でサーフィンのことも、学校訪問のこともまとめる予定だったのですが、
皆さんに伝えたい詳細情報が多すぎて、すみません分割させていただきます。
割愛ではありませんのでどうぞ次回以降の記事もお楽しみください。

それでは皆さん素敵な週末をお過ごしください。


minami.




2018年5月19日土曜日

初夏のサーフィンスクール

こんばんは。
今日は北よりの風がとっても強く、波の状況も少し不安だったのですが、
無事にサーフィンスクールができました!

今日のスクール生の皆さんは2組みだったのですが、なんと、
(先に奇跡だと言っておきますが、)
私含め全員93年生まれの24歳、その上全員今年3月院卒の社会人1年目だったのです!(偶然です)
こんなに共通点の多い素敵な皆さんと、とっても楽しく充実した時間を過ごすことができた良い1日でした。


皆さん初めてにも関わらず1本目から乗りこなしていて、初サーフィンとっても楽しんでいただけたようで私も満足です。

また先日は高知からスクールを受けに来てくださった方がいらっしゃって、
なんと世界一周を予定されているとのこと。



本当にサーフィンは素敵な人たちと私を繋げてくれているな、と実感する日々です。
明日は生見で徳島支部予選が開催されるので、今日より良いコンディションになりますように〜!


minami.




2018年5月18日金曜日

修士論文を四国の右下各地域へ提出しました(徳島新聞記事)

こんにちは。
今日も暑い日でしたね。
話は遡りますが、3月に提出して先日一般公開した修士論文「サーフィンツーリズムを活かした地域活性化策の課題 〜東洋町生見海岸の地域デザインを事例に〜」を
徳島県南地域を含む四国の右下の各行政に施策のいち提案としてお渡しする機会をいただきました。

(修士論文は こちら から。)

徳島新聞さんにて阿南市に提出した様子を取材していただいています。


今回の修士論文は、研究対象地の高知県東洋町をはじめ、海陽町、牟岐町、美波町、阿南市、徳島県に提出させていただきました。
各地域にはサーフィンに適した海岸があり、各地でサーフィンを有効的に用いた地域活性化がなされること、
そしてサーフィンの可能性に期待してもらえる環境をつくっていける第一歩となれば本当に嬉しく思います。

有難いことに、修士論文に対してサーファーの方、一般の方、本当に様々な方からご意見ご感想をいただいています。

先日県南にお住まいの方からご意見をいただきました。
県南ではやはり海岸沿いのゴミが多く、たばこやウェットスーツ用のスプレー缶等のゴミが捨てられているのが実状で、
その方は地域で清掃活動もされており、それらの実態を知らせることで、どう解決していくべきか考えていくべきと、非常に貴重なご意見をいただきました。

お返事にも書かせていただきましたが、私はサーフィンを用いた地域活性化は、地域の理解と、サーファーの謙虚な歩み寄りが前提として必要不可欠であると考えています。
それらなくしてサーフィンを地域活性化に用いることは不可能だと思います。

これからサーフィンが普及する過程において、その理解度向上に向けた取り組みが最も重要になってきます。
それを念頭に置いて、私も今後普及活動に努めていきたいと思います。
皆様、貴重なご意見を本当にありがとうございました。


minami.


2018年5月17日木曜日

Vanuatu滞在記 その二 エファテ島編

おはようございます。
前回の投稿から大分時間が経ってしまいましたが私は元気です。
GWも終わり、いつもの日常が戻り、気がつけば日は長くなってるし日中は30度を超える日が続いているし、もう夏ですね!

さて前回の投稿はハプニングについて述べましたが、本記事ではバヌアツに到着後から。
無事に到着しました、バヌアツはエファテ島!首都を擁する、人口約5万人の島です。



バヌアツ滞在中は現地でツアー会社等をなさっている大数加さんにお世話になりました。
本当に気さくで親切な方で、私たちの滞在をより良いものにしてくださりました。

空港から海までは約20分で、その間大きなスーパーやカジノのある大通りを通ります。
予想よりめちゃくちゃ繁華街!と思ったのもつかの間、海が近づけばどんどん野生の緑が近づいてきます。

海が見える素敵なお宿に到着して、その日は熟睡。
次の日はバヌアツで初めてのサーフィンのため、早朝から海に向かいました。
サイズはムネ〜カタ程度のファンウェーブで、人はほぼいない素晴らしいピークでした。


サーフィンしたり、街の市場に行ったり、初めてのことやものばかりで毎日わくわくしていました!笑
市場ではフルーツや野菜、「ラップラップ」というバヌアツ特有の食べ物など、本当におもしろい!






実は市場は24時間営業(!?)で、その理由は皆そこで寝泊まりしているからだそうです笑
またスーパーに行くと、生ものやパン以外はほとんど輸入品だったのも驚きです。
バヌアツの物価が高い所以がここにありました。

さて、今回訪れた目的の1つとして、大会参加がありました。
Leimalo Surf Festivalというバヌアツサーフィン連盟主催のサーフィン大会で、エファテ島以外のバヌアツの島々、オーストラリア、サモア、フィジー、パプアニューギニア、そして日本から選手が出場していました。

今回とてもお世話になったバヌアツサーフィン連盟のサムと。

開会セレモニーでは外務大臣も出席しており、他国の紹介もあり、私たちも少しスピーチをさせていただき、
本当に温かい歓迎を受けました。


大会は約1週間開催され、波は常時カタ以上あるファンなコンディションが続きました。
また参加者も多く、表彰式には地元の皆さんも集まり、非常に活気多い場となっていました。


私はウィメンクラスに出場し、素晴らしい波を貸し切りで乗れることだけでも価値あると感じていたのですが、
やはり負けられないということで(笑)精一杯取り組んだ結果、


優勝しました!!

今大会はなんと賞金もある大規模な大会で、また子どものクラスやバヌアツの他の島の選手のクラスの優勝者には中古ボードが贈呈されていました。

バヌアツサーフィン連盟は、サーファーたちがサーフボードを手に入れられない現状の課題を見て、こういった機会にボードを贈り普及活動に努めていました。

そして私たちも阿南市サーフィン連盟として、サーフボード1本を試合会場の村長に、5本をこれからサーフィン普及に努めようとしているタンナ島のサーファーたちに贈呈しました。



このボードが今後彼らの人生をより豊かにするための道具となれば本当に嬉しく思います。

昨日ボードを贈呈したタンナ島の方から電話があり、ボードは本当に有意義に使っているというお話でした。嬉しいものです。

エファテ島では現地のお友達も沢山でき、彼らの温かい心と気遣いと歓迎に、胸打たれたエファテ島滞在でした。


さてバヌアツ・エファテ島編として今回はここらへんにして、次回はタンナ島を訪れたときのことを書きたいと思います。
乞うご期待ください!



minami.


2018年4月30日月曜日

Vanuatu滞在記 その一 入国前のバタバタ編

こんばんは。
バリから帰国して間もなく熱に苦しめられていた私ですが、遂に復活いたしました。
私が寝ている間に気付けばGWも3日目が過ぎてしまうところですか。ああ無情。

今日はずっと寝かせていたVanuatu滞在記を、そろそろお見せしていこうと思います。
既にインタースタイルコラムクリーネストラインでバヌアツについて書いていますが、
こちらではより細かにお話しさせていただこうと考えておりますのでお付き合いください。

まずはバヌアツに赴いた経緯と目的についてお話しします。

去年サーフィンスクールのためにご来店されたお客様が、実はバヌアツでボランティア活動をされており、そこでサーフィンする様子を見たというお話をしてくださりました。
恥ずかしながら、そのときはバヌアツの名前も場所も知らなくて、よくある南国をイメージしていました。
そのお客様のお話の中で、現地ではサーフボードが高価なため購入できず、木ぎれでサーフィンしている子どもも多く居るという内容がありました。
是非サーフィンを通して夢や希望を叶えてもらいたい。サーフィンの楽しさを知ってもらいたい。
そんな想いを持って、見ず知らずの国の、未来のサーファーのために今回阿南市サーフィン連盟が立ち上がり、私も参加させてもらうこととなりました。

今回の来訪目的は、サーフボード6本の贈呈、多量のサーフボードの需要を確かめる実態調査、そしてVSA(バヌアツサーフィン連盟)主催の大会への出場、この3点でした。

来訪に至るまでの間、徳島新聞さんが記事にしてくださったり、持参する中古ボードを検討したりと、気がつけばあっという間でした。


そして3月下旬、いよいよ一行バヌアツへ赴きます。
今回の経路は、日本ーシンガポールーブリスベンーバヌアツ。長い。
私も多く飛行機に乗りましたが、エクアドル、メキシコ並みに長かったです。


そして普通にいかないのが今回の旅。
なんとブリスベンで乗るはずだったバヌアツ(Port Vila)行きの飛行機がキャンセルと。


しかもその原因は、火山の噴火。流石83の島から成る火山大国です。
しかもしかも、いつ飛べるようになるか全く見通しの立っていないとの話。
全員顔を真っ青にして、ドナドナのように航空会社に用意されたバスに乗りホテルへ向かいました。
その日は仕方ないとブリスベン観光をして、楽しめたので良かったです。





次の日、早朝から空港で待機したもののその日もまさかの欠航アナウンス。
永遠に乗れる気がしなくなってきた...とショックな気分でブリスベン観光2日目か〜と腹を括りはじめたころ、
なんとAir Vanuatuが飛ぶと言うことで、航空会社に現地の空港開いてるやん、と抗議しに行くと、
「え、まじで、ちょっと待って。もしかしたらうちも飛ぶかも。」くらいのノリの回答が来て、
結果、予定にはなかった便が突如出没し、1日遅れでバヌアツに行けることになりました。




入国すらしていない段階でバタバタでしたが、入国後はそれに勝るハプニングも感動も沢山ありましたので、
また次回バヌアツ エファテ島編以降をお楽しみに☆

では皆さん長いゴールデンウィーク、良いものになさってください。


minami.