2018年11月14日水曜日

【掲載】Blue. 12月号

こんばんは。
この夏にインタビューと撮影をしていただいた記事が
現在発売中の『Blue.』12月号に掲載されています!


p. 136ページの「徳島からの”声”」というインタビュー記事で、
徳島のサーファーのひとりとして、サーフィンを通した地域活性化について、
間屋口香ちゃん、永原レキくんとお話しさせていただいた内容が載っています。

地域とサーファーの関係性、サーフィンを用いた地域活性化、
実例を交えた徳島のケースを広く知ってもらう良い機会となりました。

東京オリンピック・パラリンピック、ワールドマスターズゲームズ2021関西など、
これからスポーツの力を活かした世界規模の大会の開催を控える今、
この機会を活かして再度サーフィンの在り方や存在意義、社会的な役割について考える必要があると考えます。
スポーツが地域を救う、そんな実例を今後日本でも多く輩出していければ嬉しいですね。

この記事を通して、様々な場所で議論がなされ、意見が生まれることを願っています。

今回の記事掲載に関わってくださった皆々様、ありがとうございました。


minami.

0 件のコメント:

コメントを投稿